2017.3.28 tue. 野田・欠之上地区付近からの坂戸山やや雲海 BY AKANE-DESIGN | Mt.Sakado UNKAI(坂戸山 雲海)

そろそろ坂戸山も春の雲海の季節を迎えます。

今日は起きたら、霧。「これは!!」って思うわけですよね。

しかし、この季節。登るのは大変なんです(しかも早朝)。

 

しかも。わたし。だし。

男性陣ならいけるんだけど、それぞれ仕事でなかなか朝は難しいんです。

車で、行けるところまで行こう。

野田地区です。午前7時16分。

除雪機?耕運機?と、霧・太陽が実に美しい。

しかし、まだこれだと、ここ自体も霧の中。

 

どうしたもんかと、欠之上・君帰地区をぶらぶら。

お!ちょっと雲海ポイではないか‼坂戸山も見える。

左側の小さなお山は、「蟻子山」(ありごやま)です。

6世紀中から、7世紀中頃の、古墳群のある山です。おとなりの飯綱山(いいずなやま)もそうですね。

そのころの、景色を見てみたいです。山は同じようにあったのでしょう。

蟻子山というより、丘みたいな感じが好きです。

雪の上のもや~もや~っての見えますか?

綺麗ですよね。ゆーーーっくり、ゆーーーくり動いています。

時間があればタイムラプス動画を撮りたいです。

 

畔にでかいざらめみたいなのがあります。

昨夜からふったアラレでしょう。

昨夜、23時頃だったでしょうか。急に屋根を「パチパチパチ…ザザザざーーーー!」と大きな音がしたので、窓の外を見てみると、どうやらアラレが猛烈に降っている模様。

もう4月になりますけど??ってね。

ポツポツ。ポツポツ。綺麗です。

 

欠之上地区に着きました。こちら、蟻子山上空は青空が。

 

坂戸山です。微妙な雲海ですね。

でも、日差しが綺麗。あと少しで当たりそうなんだけどなぁ。

手前は関越自動車道です。六日町インターのかなり近いところです。

 

帰ろう。そう思った時です。

ピカーン!です。

坂戸山の下の霧に、ちょうど朝日が射してくれました!!

 

これで満足して戻れます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です