2017.11.28 tue. ザ・ベスト雲海 BY MASTER&SHISHIMAI | Mt.Sakado UNKAI(坂戸山 雲海)

おはようございます。ネオン雲海です。

SHISHIMAIです。別名:星のおじさまです。

星座を意識して見ると、また楽しいですよね。

右は誰でも知っている、オリオン座です。

左は、おおいぬ座。一番明るいところが「シリウス」。犬の鼻口にあたる箇所だそうですよ(^^)

 

そして、雲海も。

オーロラ雲海という人もいるみたいで。そっちの方がしっくりきますかね(^^)♪

星と雲海が楽しめるのは早朝の楽しみと言えるのではないでしょうか。

というか、冬だからこそ?かも。

夜明けが遅いので、雲海と星と両方楽しめる。

美しい! ISO320 で25秒露出して撮影しています。

こういう楽しみ方もありますね♪

 

右側に見える明るいところは、高速道路六日町インターです。

左側に見える明るいところは、六日町大橋。

なんとも言えない。

静寂と、八海山。

城内・浦佐方面。

まだ暗いです。。。

六日町街中です。

霧はすこし薄くなってきました。

塩沢・石打方面。

右が金城山。

山の向こうは白々としてきましたが、

下山です。

落ち葉が凍っていました。

まだ暗いので、ヘッドライトで照らされるとキラキラして、

それもまた美しいのです。

 

 

そして。この日は、部長も浦佐で雲活(うんかつ)。

この美しいシルエットは八海山です。

八海山の影が雲海に映って大きな円錐形を描いています。

まるで大きな火山・富士山のよう。

樹々を覆う霧の美しき事この上なし。

植物も霜まみれ。

また別の植物に見えて。

葉っぱも、コケも、霜をまとうと、花のようになります。

雪の華っていう歌もありましたね。

こういうのを「雪の華」っていうのかな。

ていうか、なにこれ!

砂糖や塩が結晶化したみたいな。

オドロキの自然現象。寒いわけです…

部長が名付けた「ムーミン谷」。

霧がおおうと、木々の先っぽだけがつんつんと見えてムーミン谷みたいなんだって。

お!

お?

ダイヤモンド八海山!!べすぽじ!

他の写真家さんたちも来ていますね(^^)!

寒い中、ごくろうさまです。

大崎・坊谷山(ぼたんやま)。一応277mはある山です。

もうすっぽりと雲海の波にさらわれそうで。風前の灯火。かのような。

山々の紅葉がまだ残っていて、それも目に美しいです。

本日は実によき雲海ハントが出来ましたが、道もつるっつるで!

今ーシーズンはここに来れるのも今日が最後かもしれませんね。

 

以上、

雲海ハンターは

坂戸山担当は、

浦佐担当は、

でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です